×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  台風前の苗の植え付け作業

台風前の苗の植え付け作業

台風前の苗の植え付け作業

皆さん、ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしょうか?
淡路島では、8月の秋雨前線の影響で、栽培困難、種まきができない状況、
苗が植えられな~い。

まず、8月の秋雨前線の時には葉付き玉葱の種まきをしなければならないのですが、
セルトレイを使い、異例の種まきを3000粒ほどの種まきをしました。
畝立て後にそのトレイを畝の上に置くといった作戦です。

続いてキャベツの苗の植え付け作業。この時も雨ではありましたが、植物にとっては雨は恵ですので、植えました。義理父も応援に来てくれたおかげで、とても早く終わりました。

※一生懸命に植えてくれている義理父

これで1000本ほどになります。

続きまして、ジャガイモの植え付け作業。基本的に僕は機械が担当なので、植え付け作業はなかなかできません。思っていた以上の数を植えたように思います。


さらにさらには、秋冬野菜の種まきや植え付け作業。
まずは、根菜類の種まき。人参に、蕪、大根。続いて、


根菜類第2弾、ごぼうと別品種の人参。さらには、




葉物野菜も植え付けしております。

今年は天候不順が続き、油断できない状況でもあります。ここで1つ、自然の豆知識です。
他の地域はわkりませんが、ここ洲本では、雨の前日にトンビがやって来ます。なんで前日に
来るか理由はわかりませんが、仕事とをしていて、トンビが鳴いていると雨が降るとお知らせ。
とっさに作業内容を変更することができます。

なかなかレアな写真を撮影することができました。かっこいいですよね!


自然栽培に切り替えることで、普段体験できなかった不思議な光景を見る機会がとても多くなりました。
農薬や化成肥料を使わないことで、元の自然に戻って来た証なのかもしれません。

と、いった感じで、僕は毎日をバタバタと過ごしております。
まだ大変な状況下ではありますが、無理なく平凡な日々をお過ごしください。


それではまた、気まぐれで更新させていただきます。
 

2021-09-17 22:20:04

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTENTS

CATEGORY